ワカサギと駆け引き、「氷上熱中」 山形・蔵王温泉の盃湖

2022/1/21 07:33
多くのワカサギ釣り愛好家が訪れている盃湖=山形市蔵王温泉

 冬の風物詩ワカサギ釣りが山形市蔵王温泉の盃湖(さかずきこ)で行われている。釣り人は防寒用のテントを湖面に張り、ワカサギとの駆け引きを楽しんでいる。

 盃湖には厚さ30~40センチの氷が張り、ワカサギの体長は7~10センチほど。早朝から訪れる人も多く、氷に穴を開け、電動リール付きの短いさおで釣り上げている。

 蔵王温泉観光協会職員の堀利重さん(61)は「気温が高い日は氷が解けて危険なため、厳重な注意が必要。駐車スペースがないので、近くの蔵王体育館の駐車場を利用してほしい」と話す。氷上釣りは2月末まで。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]