「不審な紙袋」の通報、JR山形駅一時騒然 中身はごみと判明

2022/1/15 09:31
不審物が発見され、県警機動隊が出動するなど一時騒然としたJR山形駅の待合室=14日午後4時半

 14日午後2時ごろ、山形市のJR山形駅で「待合室の多目的トイレに不審な紙袋がある」と清掃員から山形署に通報があり、署員と県警機動隊が出動する事態となった。調査の結果、袋の中身はごみと判明したものの、現場は一時騒然となった。

 同署や県警警備2課によると、紙袋は茶色で約20センチ四方、高さは30センチほど。菓子の空き袋などのごみだったという。

 当時近くにいた人によると、午後2時半ごろに署員らが到着。待合室から人を退避させて捜査に当たった。目撃した女性は「多くの警察官が出たり入ったりしていて物々しかった」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]