鶴岡・藤島中で天井のモルタル落下 3階学習室、けが人はなし

2022/1/14 10:40
天井の化粧モルタルが剝がれた教室=鶴岡市藤島中(市教育委員会提供)

 鶴岡市教育委員会は13日、同市藤島中の3階学習室で11日、天井のコンクリート製のはりを覆う化粧モルタルが落下したと発表した。落下当時、教室は無人で、けが人はいなかった。原因を調査している。

 市教委によると、落ちたモルタルの破片は最大で縦30センチ、横50センチほどで、重さは5~10キロ。11日午後3時50分ごろ、物音に気付いた職員が発見した。さらなる落下を防ぐため、市教委の職員が同日、剥がれた部分の周りのモルタルを取り除き、全ての教室を点検した。異常は確認されなかったという。学習室は当面の間、使用しない。

 15、16日に専門業者による調査を行う。市教委は3年に1度、全小中学校を対象に建物の定期調査をしており、直近の2020年11月の調査では異常はなかった。建物は築50年以上という。

 発見から2日後の公表になったことについて、市教委は「現場の確認や再発防止の対応に動いた。公表が遅れたことは申し訳ないが、安全確保を優先した」としている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]