ウエルシア薬局、無料検査拠点に 県、14店舗を指定

2022/1/6 10:15

[PR]
 県は5日、県内でオミクロン株の初確認を受けた無料検査に関し、新たにドラッグストア「ウエルシア薬局」の県内14店舗を検査拠点に指定した。検査は6日に始まり、PCRと抗原の2種類から選ぶ。実施期間は31日まで。

 県によると、各店舗の検査は1日20人程度。6日の開店時から利用でき、店員に希望すれば専用スペースで唾液などの検体を取る。電話で受け付けておらず、直接来店する。結果は、PCR検査は約2日後にメールで届き、抗原検査は15~20分程度で判明するという。県は「精度を求める際はPCR、スピードを求める際は抗原。ニーズで使い分けてほしい」とする。

 無症状で感染に不安を感じる県民らが対象となる。県立河北病院(河北町)では5日にスタートし、同日午後4時半現在で新規の無料検査の予約は73件。

 吉村美栄子知事は5日の臨時記者会見で「無料検査の拠点を今後も拡充する」と述べた。今週末に各地で成人式が予定されていることを受け、「(県外の)新成人が来県する際はPCR検査を事前に受け、安全を確認した上で来てもらいたい」と呼び掛けた。

 県がホームページで公表した14店舗は次の通り。

 山形桧町店(山形市)山形花楯店(同)山形篭田店(同)上山弁天店(上山市)山形天童中店(天童市)寒河江栄町店(寒河江市)山形河北店(河北町)東根中央店(東根市)米沢中央5丁目店(米沢市)南陽三間通店(南陽市)長井本町店(長井市)酒田亀ケ崎店(酒田市)酒田ゆたか店(同)鶴岡砂田町店(鶴岡市)

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]