ゆるキャラたちが観光地や特産紹介 3村連携協が初事業、ガイドブック作成

2021/12/23 10:21
3村の観光施設の魅力をまとめたガイドブック

 大蔵村、鮭川村、戸沢村で構成する3村観光連携事業協議会は、それぞれの観光地や特産品などを1冊にまとめた周遊ガイドブック「山形県 村旅!!」を作成した。各村のゆるキャラ3体がツアー形式で名所を巡る内容になっており、村の魅力を熱く伝えている。

 ガイドブックはA5判16ページで、大蔵村の「おおくらくん」、鮭川村の「サッキー」、戸沢村の「せんどう君」が登場。「体験」「温泉&グルメ」「映えスポット」の三つのテーマで旅を体験している。最上川舟下り(戸沢村)や肘折温泉(大蔵村)、小杉の大杉(鮭川村)などを取り上げた。

 デザインは若年層が手に取りやすいよう、漫画のこま割りにした。3体が舟下りの船に乗ったり、美しい四ケ村の棚田にぽつんと立っていたりするシュールな写真も掲載。同協議会事務局は「家族連れや若者らに手に取ってもらい、3村を訪れてもらいたい」と話している。

 同協議会は県内に三つしかない村の魅力を協力して発信し、観光客を呼び込もうと今年4月に発足。ガイドブック作成が初事業となる。3千部を発行し、各村の観光施設やJR新庄駅改札近くのもがみ情報案内センターなどに設置する予定。問い合わせは戸沢村観光物産協会0233(72)2110。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]