銀山や出羽三山、1000円で周遊 山交観光と山交バス、雪見バス旅モニターツアー参加募集

2021/12/12 12:34

[PR]
 山交観光(山形市)と山交バス(同)は、銀山温泉や出羽三山を千円で周遊できる「雪見バス旅 日帰りバスモニターツアー」の参加者を募集している。今月18日から2月27日までの土日祝日と1月3日に運行する。

 観光庁の既存観光拠点再生・高付加価値化推進事業の補助を活用した実証実験として、「山形の美しい雪景色」を巡る。山形駅東口発着の1コース(計26回)と仙台駅発着2コース(計26回)の計3コース。大型バスに各回20人のみ乗車するなど新型コロナウイルス感染予防対策を取る。

 山形駅東口発着のコースは午前8時半に出発し、天童温泉、銀山温泉、最上川舟下り(戸沢村)、出羽三山神社を巡り、山形駅着は午後5時40分。銀山や出羽三山では散策、参拝の自由時間がある。舟下りも希望者は別料金(中学生以上2500円、小学生1250円)で乗船できる。昼食の弁当(1630円)を注文すると、舟下りの番所か船内で食べられる。

 仙台駅発着は午前9時と午後0時半に出発する2コースで、山寺や銀山温泉、天童温泉を周遊する。

 3コースとも基本の旅行代金は中学生以上が千円、6歳~小学生が500円。バスガイドが案内する。途中で下車しツアーを終えることも可能で、自分で旅行をアレンジできる。申し込みは山交観光のホームページからのみ。

【関連リンク】

山交観光のホームページ

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]