尾花沢スイカを味わい尽くす・市特産品協 焼き肉のたれ、ドレッシング開発

2021/12/9 10:55
尾花沢市名産のスイカを使った焼き肉のたれとドレッシング

 尾花沢市名産のスイカを使った焼き肉のたれとドレッシングが完成した。同市特産品開発協議会(会長・石山健一副市長)が「一年中スイカのおいしさを楽しんでほしい」と開発し8日、市内で発表会を開催。年内に首都圏を中心に販売を始め、スイカのまちを全国にPRしていく。

 たれは、市特産の「雪降り和牛尾花沢」のうま味を引き出すことをコンセプトに改良を重ねた。旬の7、8月に収穫した果実をミキサーにかけ、スパイスをブレンド。フルーティーで肉のうま味を引き立てる味わいに仕上げた。ドレッシングは、ぺそら漬けを粗めのペーストにして食感を楽しめるようにした。

 レストラン徳良湖での発表会で、市や製造元の尾花沢農産加工などの関係者約15人が焼き肉やサラダで味わい、評価も上々だった。アレンジレシピをユーチューブで公開しており、ふたのQRコードからアクセスできる。

 共に180グラム入りで価格は千円前後になる見通し。市内では今月中旬から、道の駅尾花沢「花笠の里ねまる」や同レストランで販売する。問い合わせは市農林課内の同協議会事務局0237(22)1115。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]