遠藤米沢市議が辞職、衆院選報酬約束

2021/12/9 09:56

[PR]
 先の衆院選で当選した自民党候補の選挙運動の見返りに報酬を約束したなどとして、山形簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた遠藤正人米沢市議は8日、同市議会に辞職願を提出した。同日の本会議で辞職が許可された。

 遠藤氏は同日朝、市議会を訪れ、相田克平議長に辞職願を提出した。提出後、市役所内で山形新聞の取材に応じた遠藤氏は「市民の皆さまや、議会はじめ関係の方々には心からおわび申し上げる。一から出直したい」と述べた。

 同市議会(定数24)は遠藤氏の辞職により欠員1となった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]