チャンピオン牛、1キロ5296円 山形セレクション牛枝肉共進会

2021/12/7 11:06
高値が付いたチャンピオン牛の枝肉=山形市・県食肉公社

 総称山形牛のブランド力向上などを目的とした「山形セレクション牛枝肉共進会」が6日、山形市の県食肉公社で開かれ、大類栄治さん(JAみちのく村山)が出品した雌の黒毛和種(483キロ)がチャンピオン賞を獲得した。

 黒毛和種136頭の枝肉が出品され、霜降りの入り具合や赤みの量などを審査した。競りでは買い付け業者が真剣な表情で品定めし、目当ての枝肉を競り落とした。チャンピオン牛は今回の最高値となる1キロ当たり5296円(税別)で落札された。全体の平均単価は3060円(同)だった。

 山形牛枝肉市場流通振興協議会(栗田幸太郎会長)が主催し、15回目。チャンピオン賞以外の主な入賞者は次の通り。

 優秀賞1席=田中清(丸市グループ)▽同2席=山口畜産(蔵王紅花牧場)▽同3席=尾崎弘(JAみちのく村山)▽同4席=高橋昭(同)▽同5席=西塚和雄(同)▽同6席=水上清喜(水上畜産)

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]