ワイヴァンズ、機動力に屈す 西宮戦・バスケ男子Bリーグ2部

2021/12/5 12:27
〈西宮―山形〉第2クオーター、シュートを決める山形の田原隆徳=兵庫県・西宮市立中央体育館 2部第10節第3日

 バスケットボール男子・Bリーグ2部は第10節第3日の4日、各地で6試合が行われ、パスラボ山形ワイヴァンズ(東地区)は西宮(西地区)に61―86で敗れた。通算成績は11勝7敗、東地区順位は暫定4位。

 山形は中島良史、オーランド・サンチェス、ケニー・ローソン・ジュニア、川辺亮平、河野誠司が先発した。第1クオーター(Q)は西宮にドライブを絡めたインサイド攻撃で得点を許した。第2Qにジャワッド・ウィリアムズやローソン・ジュニアの3点シュートで迫り、36―38で折り返した。第3Qに機動力のある攻撃を止められず突き放され、力尽きた。

 ケニー・ローソンが12得点12リバウンドだった。

 5日も同会場で西宮と対戦する。

第3Qで隙突かれた

 ミオドラグ・ライコビッチヘッドコーチの話 第3クオーターで自分たちのプレーができず、隙を突かれて大差がついてしまった。ピックアンドロール(2対2の基本戦術)や攻撃リバウンドへの対応に問題があった。セットプレーの遂行力が低く、修正すれば明日はもっと戦える。

山形ワイヴァンズ

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]