最終戦、6戦ぶり勝利へ モンテ、きょう5日ホーム北九州戦

2021/12/5 11:19

 サッカーJ2は最終節の5日、各地で11試合が行われる。モンテディオ山形は午後1時から天童市のNDソフトスタジアム山形で北九州と対戦する。5試合連続で勝ちがなく、2連敗で迎える最終戦。残留への望みをつなぎたい相手と序盤から激しい攻防が見込まれる中、激動のシーズンを勝利で締めくくりたい。

 山形は4日、非公開練習で調整した。敵地で金沢と戦った前節は1―1の終了間際に勝ち越しゴールを許し、競り負けた。2連敗となり、通算成績は19勝8分け14敗に。順位は7位。

 一方の北九州は通算7勝14分け20敗の20位。前節の結果で降格圏内の19位以下が確定した。基本陣形は4―2―3―1。トップ下は山形に昨季在籍した技巧派のMF前川大河が担う。残留のためにはJ3の結果など条件を満たさなければならず、大差の勝利が前提。7戦連続で複数得点はないが、攻めの姿勢を貫くだろう。

 山形はここ5試合の接戦をものにできず、前節は速攻を受けて2点を失った。守備の隙を少なくしたい。ピーター・クラモフスキー監督は「第1節であろうと最終節であろうと、どの試合も大事。どの相手にも自分たちのフットボールを出せるようにしていきたい」と意気込んだ。

MF岡崎建哉=天童市・県総合運動公園

やっぱりモンテが好き・MF岡崎

 前節が久々の先発出場となったMF岡崎建哉は、31歳の今季に「新しい発見」が多かった様子。「(最後は)モンテってやっぱりいいねという形で終わりたい」と語った。

 新指揮官の就任後、「チャレンジ」や「向上心」が自身のキーワードに。スプリントの回数など、前向きな変化を感じた。けがもあり、出場機会を減らしたが、胸を張って言った。「やっぱりこのチームが好きだと思えたことが一番の収穫」

約束する、連敗ストップ・FWアラウージョ

 FWビニシウス・アラウージョは加入から2季連続の2桁得点を記録。「僕らは(最終戦の)勝利のために全力を出す」と連敗ストップを約束した。

FWビニシウス・アラウージョ=天童市・県総合運動公園

 シーズン途中には足の故障により長期間離脱。「もっとチームに貢献できたと思う。残念だが、悔いは残っていない」と強調した。リハビリの支えになったトレーナーやサポーターに感謝を示した上で「最初から最後まで諦めずに頑張る」と語った。

モンテディオ山形

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]