山形市の3回目接種、個別はファイザー社 原則、集団はモデルナ

2021/12/3 11:56
米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 山形市は2日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に関し、使用するメーカーを原則、個別接種はファイザー社、集団接種はモデルナ社にすると発表した。接種開始時期は2回目が終了してから8カ月以上とし、対象年齢は18歳以上。一般高齢者の中で早い人は2月下旬から始まるとしている。

 対象人数は11月末時点の接種実績で約18万9千人となっている。12月から3月までに供給されるワクチンは約10万6100人分。内訳はファイザー社が6万3500人分、モデルナ社が4万2600人分で、同時期に3回目接種時期を迎える全員分に相当する分量という。

 予約方法はコールセンターに加え、Web、無料通信アプリのLINE、直接医院での受け付けの4種を予定している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]