山形大、3学部長の新任内定 小白川キャンパス長も

2021/12/2 09:21
地域教育文化学部長・中西正樹氏

 山形大は1日、来年3月の任期満了に伴う次期学部長人事を内定したと発表した。地域教育文化、理、工の3学部長に加え、小白川キャンパス長が新任される。任期は来年4月1日から2年間。

 新任では、地域教育文化学部長(大学院教育実践研究科長)に中西正樹副学部長、理学部長に並河英紀副学部長、工学部長(大学院理工学研究科長)に黒田充紀教授がそれぞれ就任する。

 是川晴彦人文社会科学部長(社会文化創造研究科長)、上野義之医学部長(大学院医学系研究科長)、村山秀樹農学部長(大学院農学研究科長)、伊藤浩志大学院有機材料システム研究科長はいずれも再任となった。

 キャンパスの管理、運営を担う法人部局では、大西彰正理学部長が小白川キャンパス長に新任された。飯田、米沢、鶴岡の各キャンパス長には医、工、農の各学部長が充てられる。

 新任された内定者の主な経歴は次の通り。

 中西 正樹氏(なかにし・まさき)大阪大基礎工学部卒、同大基礎工学研究科博士後期課程中退。2009年に山形大地域教育文化学部准教授となり、19年から副学部長。48歳。専門は情報科学。

 並河 英紀氏(なびか・ひでき)神戸大工学部卒、同大大学院自然科学研究科博士後期課程退学。11年に山形大理学部准教授となり、19年から副学部長。44歳。専門は非平衡分子科学。

 黒田 充紀氏(くろだ・みつとし)武蔵工業大工学部卒、同大大学院工学研究科土木工学専攻博士課程修了。1999年に山形大工学部助教授となり、副学部長などを歴任。58歳。専門は材料力学、機械材料。

 大西 彰正氏(おおにし・あきまさ)福井大大学院工学研究科修士課程修了、京都大大学院理学研究科博士後期課程退学。94年に山形大理学部助手となり、2019年から理学部長。56歳。専門は光物性、電子物性。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]