南陽市長選、白岩氏3選出馬へ

2021/12/1 10:03
白岩孝夫氏

 南陽市長の白岩孝夫氏(52)=赤湯=が、任期満了(来年7月29日)に伴う次期市長選に3選を目指して立候補する意思を固めたことが30日、分かった。一部後援会関係者に既に伝えており、2日に開会する市議会12月定例会の一般質問で正式表明する見込み。

 関係者によると、白岩氏は新型コロナウイルス対策を引き続き担っていく決意を示した上で、世界的工業デザイナー・奥山清行氏(山形市出身)が旧ハイジアパーク南陽をリニューアルして運営する「四季南陽」事業のバックアップ、来年6月にオープン予定の新温浴施設の経営を軌道に乗せていくことなどに意欲を示したという。

 山形新聞の取材に対し、白岩氏は「市議会で正式に態度を明らかにしたい」とした上で「未来につながる地域づくりのため、引き続き努力する」と語った。

 白岩氏は、市議1期目途中に辞職して挑んだ2014年7月の市長選で当時の現職を破って初当選し、18年に無投票で再選を果たした。次期市長選に向け、出馬の意思を固めたのは白岩氏が初めて。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]