庄内の「姫龍」夜輝く 鶴岡・コラボ企画で「氣龍祭」PR

2021/11/30 11:56
イルミネーションのイベント会場に巨大な姫龍の頭部が飾られた=鶴岡市・Hisu花

 庄内町の新イベント「しょうない氣龍祭(きりゅうさい)」をPRしようと、祭りの目玉となる龍が28日夜、鶴岡市の藤島歴史公園「Hisu花(ヒスカ)」で展示された。ライトアップされた迫力ある姿を来場者が写真に収め、祭り本番への期待を高めた。

 祭りは昨年8月に初開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった。今回展示されたのは龍の山車の一つ「姫龍(ひめりゅう)」で、女性が担いで祭りを盛り上げる。同公園で開催中の「藤島イルミネーション2021」とのコラボ企画として、両イベントの主催団体が連携し、1日限定で高さ3.5メートルの頭部のみ飾った。27日の展示を計画していたが、悪天候のため翌日に延ばした。

 目と口が光る構造になっており、青と白のイルミネーションに囲まれ、存在感を高めた。来場した同市朝暘六小2年蛸井莉結(りゆ)さん(7)は龍を背に記念写真を撮り、「大きくて、かっこいい。祭りでも見てみたい」。氣龍祭の実行委員会事務局を務める町地域おこし協力隊の国本美鈴さんは「多くの人に祭りを知ってもらう貴重な機会ができ、良かった」と話していた。

 写真共有アプリ「インスタグラム」にこの日の姫龍の写真を投稿してもらい、抽選で10人に1500~5千円相当の町特産品を贈るキャンペーンも行っている。期間は12月5日までで、抽選結果を同6日ごろに当選者に連絡する。問い合わせは町観光協会0234(42)2922。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]