電動車両などを無償貸与 西川町と山形三菱自動車販売が協定締結

2021/11/29 18:40
協定を締結した山形三菱自動車販売の鈴木武浩社長(左)と西川町の小川一博町長=西川町役場

 西川町と山形三菱自動車販売(山形市、鈴木武浩社長)は29日、災害や大規模停電時に、同社が同町に電動車両などを無償貸与できる協定を結んだ。今回で同社は県内全市町村との間で同様の協定締結を完了した。

 貸与できるのはプラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」「エクリプスクロスPHEV」と給電装置。車両はフル充電の状態で一般家庭の1日分、エンジン発電を組み合わせると最大10日分の電力を供給できる。来月発売される新型アウトランダーは最大12日分供給できる。無償貸与期間は1週間。

 締結式が町役場で行われ、小川一博町長と鈴木社長が協定書に調印。小川町長は「町内の集落は広範囲に点在しているので、災害時に電動走行できる車両はありがたい」とし、鈴木社長は「有事の際、全県に迅速な支援が可能になった。各市町村と一緒に社会貢献ができる」と述べた。引き続き、車両を使った給電デモンストレーションが行われた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]