幕際、モンテ奪われた 瀬沼に2発、金沢戦競り負ける

2021/11/29 09:11
〈金沢―山形〉後半41分、山形のFW山田康太(左)がミドルシュートを決め、1―1とする=金沢市・石川県西部緑地公園陸上競技場

 サッカーJ2は第41節の28日、各地で11試合が行われた。モンテディオ山形は金沢市の石川県西部緑地公園陸上競技場で金沢と対戦し、1―2で敗れた。2連敗となり、5戦連続で白星なし。通算成績は19勝8分け14敗、順位は7位のまま。

 山形は前節から2人を入れ替え、DF滝沢修平が今季初先発、MF岡崎建哉は第9節以来のスタメン入りとなった。前半は0―0で折り返し。後半34分、2018年途中まで山形に在籍したFW瀬沼優司に先制ゴールを決められた。7分後にFW山田康太のミドルシュートで同点としたが、同ロスタイムに瀬沼に決勝点を奪われた。山形のDF山田拓巳は今節で史上55人目となるJ2通算300試合出場を達成した。

京都J1昇格 愛媛、松本がJ3降格

 このほか、京都が千葉と0―0で引き分けて勝ち点83として2位を確定し、1試合を残して来季J1への昇格を決めた。2010年以来12年ぶりの復帰。既に昇格を決めていた磐田は群馬と0―0で引き分け、勝ち点88でJ2優勝を果たした。

 21位の愛媛、22位松本のJ3降格が決まった。J3でJ2ライセンスを持たない宮崎が2位以内に入った場合は3チームが降格し、宮崎が3位以下だと4チームが降格となる。

 来月5日の次節は今季最終戦で、山形は天童市のNDソフトスタジアム山形で北九州と戦う。

 【評】山形は終了間際の失点で競り負けた。ボールを保持し続けながらも、前半のシュート数は2本と低調。中央からの崩しを交えて揺さぶりをかけたが、ゴール前を固めた相手の粘りが上回った。敵陣深くまで攻め込んだ後に速攻を食らい、2失点を喫した。果敢に勝ち越しを狙った一方、リスク管理を徹底できなかった。

素早いカウンターにやられた

 ピーター・クラモフスキー監督の話 非常に残念な結果。力を入れて守る相手を崩すことは難しかった。自分たちは準備をしていたが、素早いカウンターにやられた。選手たちは勝ち点3を奪うため、気持ちを含めてやろうとしたことを全部出してくれた。(今季最終戦となる)次に向けてやっていきたい。

モンテディオ山形

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]