飯豊で住宅焼け、住人やけど ドクターヘリで県立中央病院に搬送

2021/11/28 21:31
消火活動に当たる消防隊員ら=28日午後2時33分、飯豊町小白川

 28日午後1時10分ごろ、飯豊町小白川、無職菊地正二さん(62)方から出火、2棟がつながった建物のうち南西側の木造2階建て住宅232平方メートルが焼けた。菊地さんは着衣に引火して背中や足にやけどを負い、ドクターヘリで山形市の県立中央病院に搬送された。

 長井署と西置賜行政組合消防本部によると、菊地さんは妻と2人暮らし。出火当時、妻は仕事で外出しており、菊地さんの火事ぶれで近所の40代女性が119番通報した。同署と同消防本部は29日午前9時半から実況見分を行い、出火原因などを調べる。

 現場には消防車両24台が出動して辺りにサイレンの音が響き渡り、住宅は煙に覆われ周辺に煙の臭いが充満した。近くの男性(72)は「真っ黒な煙で住宅が見えなくなりびっくりした。(菊地さんが)無事だと良いが…」と消火活動を心配そうに見守っていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]