守備陣の修正図りたい モンテ、きょう28日アウェー金沢戦

2021/11/28 12:00

 サッカーJ2は第41節の28日、各地で11試合が行われる。モンテディオ山形は午後2時から金沢市の石川県西部緑地公園陸上競技場で金沢と対戦する。前節の後半5失点の逆転負けにより、4戦連続で勝利なしに。故障者も多い守備陣の修正を図りたい。

 山形は27日、非公開練習で調整した。本拠地で町田と戦った前節は3―5で敗れ、4試合ぶりの勝利はならなかった。通算成績は19勝8分け13敗で、順位は7位。今季の5位以下が確定した。

 一方の金沢は通算成績9勝10分け21敗の19位。第38節で琉球に1―2で敗れると、第39節東京V戦は0―4、前節の栃木戦は0―1で負け、3連敗によりJ3降格圏に後退した。次節の相手は難敵の2位京都と厳しい状況。大混戦の残留争いを勝ち抜くため、ホーム最終戦である今節に気持ちを高めてくるだろう。基本陣形は4―4―2。

 金沢はマンツーマンの守備が特徴だが、山形のビルドアップ(組み立て)が機能すれば、好機を増やすことができるだろう。守備同様に、プレスに苦しんだ前節の反省を生かしたい。DF熊本雄太が前節に負傷交代した影響などもあり、選手の入れ替えはありそう。守備陣は安定感を取り戻せるか。

来季も指揮を執ることが決まったピーター・クラモフスキー監督=天童市・県総合運動公園

クラモフスキー監督、「情熱」で続投快諾

 ○…来季も指揮を執ることが決まったピーター・クラモフスキー監督は、オファーを快諾した理由を「情熱」と表現。前節の敗戦などを踏まえながら「成功の鍵は前進していくこと、転んで倒れてしまった時にそこから学んで進歩していくことだと思っている」と強調した。

 クラブ初の外国籍監督として就任。初の指揮官解任となったチームを立て直し、個人としてもJ1清水で評価を高められなかった昨季の悔しさを晴らした。短時間で高い負荷を掛けるトレーニング、失点場面の映像はあえて見せないミーティングなど、独自の指導法で強化を図った。

 「正しい方向に進んでいるクラブと一緒に仕事をしたいという情熱があった」と、来季への決意を固めたという。1年目は残り2試合。就任会見から言い続けているように山頂をJ1昇格に例え、「毎日、山を登ることは簡単な作業ではない。それでも毎日続けていく」と笑顔を見せた。

モンテディオ山形

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]