村山署の女性警察官ら、対処法を伝授 不審者対応訓練

2021/11/26 20:19
不審者に腕をつかまれた時の対処方法を学ぶ参加者=村山市・JR村山駅2階ギャラリー

 JR村山駅周辺の事業所に勤務する女性を対象にした不審者対応訓練が26日、村山市の同駅2階ギャラリーで行われ、村山署の女性警察官らがいざというときの対処法を伝授した。

 都内の電車内や福島駅前で刺傷事件が起きたことなどを受け、同駅周辺の防犯力向上を図ろうと実施した。駅前交番勤務で柔道3段の亀井奈々巡査(22)が手本を見せる形で、不審者に腕や襟をつかまれた時の対応を訓練。「まず自分の身を守る。安全を確保してから周りや警察に連絡して」との説明を受け、参加者が腕の振りほどき方や身のこなし方を学んだ。

 スポーツ用品店に勤める渡辺七菜子さん(28)は「初めて知ることばかりだったが、動き方は分かりやすかった。万一の時に生かしたい」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]