モンテ、ミニゲームで連係確認 次節は28日、アウェーで金沢戦

2021/11/25 21:07
主将のDF山田拓巳=天童市・県総合運動公園

 サッカーJ2・モンテディオ山形は25日、天童市の県総合運動公園で報道陣に練習を公開した。ミニゲームなどを実施した後、攻撃陣と守備陣に分かれて連係を確認した。次節は28日午後2時からアウェーで金沢と戦う。

山田拓32歳、まだまだ伸びる

 主将のDF山田拓巳が25日に誕生日を迎えた。山形一筋14年目の今季で32歳となったが、コメントは新人のように若々しい。「まだまだ成長できる可能性は十分にある」

 チームの持ち味は昨季、パスワークを軸とした攻撃に変わった。ピーター・クラモフスキー監督の就任に伴い、特にサイドバックに求められる動きはさらに変化。「今までにない形、新しく取り組むことが多かった1年」で、持ち前の泥くさいプレーやハードワークに加え、足元の技術でも成長がうかがえた。

 今季は残り2試合となり、出場時間はメンバー中で最長。「一つの目標」とする自身初の全試合出場が懸かる。出場停止となる累積警告にリーチがかかり、気になるというが、そこはチームの主軸。「試合に入るとそんなことは考えられない。もし勝つために必要なファウルであれば、それはしょうがない」と表情が和らいだ

モンテディオ山形

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]