蔵王温泉街、本格的な降雪

2021/11/25 21:03
道路と歩道の間に雪が積もり冬景色が広がった蔵王温泉街=25日午後1時45分、山形市

 25日の日本付近は冬型の気圧配置が続き、県内は平地で雨の降った所が多く、山沿いは雪が降った。山形市の西蔵王高原や蔵王温泉街は本格的な降雪となった。

 蔵王温泉観光協会などによると、雪は24日から降り始めたという。同高原の市野草園付近から標高が高くなるにつれ、道路脇の雪が多くなり、白い面積が多くなった。25日正午の道路標示の気温は1度だった。

 温泉街に入ると、歩道と車道の境目は膝下まで雪が積もっていた。下界の市街地とは違う冬風景が広がっていた。商店の軒先の雪下ろしをする人の姿も見られた。

 山形地方気象台が積雪を観測している14地点の中で午後3時までに積雪を記録したのは最上町向町の4センチだけだった。日中の最高気温は1~10度台で11月下旬から1月上旬並みとなった。

 県内は26日も冬型の気圧配置が続き、雨や雪が降って、昼前まで雷を伴う所がある見込み。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]