ラ・フランス、販売解禁 県職員ら、県内外でPR

2021/10/26 10:02
販売開始基準日に合わせ、店頭に並んだラ・フランス=山形市・ヤマザワ松見町店(県提供)

 本県が日本一の生産量を誇る西洋なし「ラ・フランス」が25日、販売開始基準日を迎え、「おいしい山形推進機構」などが県内のスーパーや東京の百貨店でPR活動を展開した。

 山形市のヤマザワ松見町店では、ずらりと並んだラ・フランスを前に法被を着た県職員らがアピールし、買い物客に秋の味覚を売り込んだ。商品には「山形ラ・フランス」として農林水産省の地理的表示(GI)に登録されたことを示すシールが貼られたほか、PR動画を放映した。新型コロナウイルスの感染抑止のため、試食は行わなかった。

 この日解禁されたのは主力の予冷品。品質が最適の時期に販売しようと、県や主産地のJAなどでつくる県「ラ・フランス」振興協議会が基準日を設けている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]