楽天が大河原外野手に指名あいさつ ドラフト会議・育成3位

2021/10/25 21:47
指名あいさつで、石井一久監督がサインしたドラフト会議のIDを受け取る東海大山形高の大河原翔外野手(左)=山形市・同校

 プロ野球・楽天のスカウトが25日、ドラフト会議で育成3位指名した大河原翔外野手(東海大山形高)へのあいさつのため、山形市の同校を訪れた。「右の大砲になれる素質がある」との期待を受けた大河原外野手は「プロで通用するよう打撃力を磨いていきたい」と意気込んだ。

 後関昌彦スカウト部長らが訪問し、本人と岡田恵子校長、武田宅矢監督らと面談。会見でスカウトの宮越徹氏は「ここ1年の伸び率は大きく、順調に成長すれば十分にプロでやっていける」と評価ポイントを説明。石井一久監督のサインの入ったドラフト会議IDを受け取った大河原外野手は「プロで戦う実感が日に日に強まっている。支配下登録を目指して強い気持ちで臨み、1軍で活躍できるようになる」と意欲を示した。

 大河原外野手は千葉市出身で長打力が魅力の右打者。中軸を担った今夏の全国選手権山形大会では打率5割7分8厘で本塁打も放った。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]