県内小選挙区7候補の人となり・3区 衆院選 

2021/10/24 09:29

[PR]
■梅木威候補(共新・62歳)各業界の叫びに耳傾け

 子ども4人を育てた経験から、男女の賃金格差やジェンダー平等など課題が山積していると感じている。「命と暮らしを大事にする政治に転換していきたい」。一市民として声を上げ、選挙戦に臨む。

 鶴岡市の山添高を卒業後、菓子店勤務などを経て1991年、生活協同組合共立社に入社。共働きで子どもを育てる中、週末も対応してくれる保育園が見つからずに苦労した。「子どもたちによりよい社会を残したい」と共産党に入党した。共立社で労働組合の専従書記長、委員長を歴任。現場の声を上げても、法改正なしには就労・生活環境が変わらない現実を目の当たりにし、政治参加の意識を強くした。

 モットーとするのは「一寸の虫にも五分の魂」。相手を尊重し、正面から向き合うことを大切にする。党公認候補として出馬を表明してから約1年半。選挙区内をくまなく巡り、ミニ集会や街頭活動を重ねてきた。地域住民やコロナ禍で疲弊する各種業界の叫びに耳を傾け、「自民党政治では、暮らしは立ちゆかない」と背中を押されたことも。政権批判の強まりを肌で感じ、自身の役割を再認識している。

 自宅で毎朝、目玉焼きを作るなど家族の食事を用意する。「選挙期間中も続けると、妻と約束している」。息抜きは就寝前に動画投稿サイト「ユーチューブ」を見ること。水しぶきを上げながら進むセーリングヨット、草を食べるヤギを見ると心が落ち着くという。ボクシングの動画観戦も好きだが「寝られなくなるのが困りもの」。

■阿部ひとみ候補(無新・60歳)相談や要望すぐに対応

 ポジティブで前向き。自身の性格をこう自己分析する。その一例を問われ、「今回の出馬かな。やってみなきゃ分からないこともある」と笑顔を見せた。「勉強熱心で活動的。まねできないよ」というのが周囲の評だ。

 政治の道に進んだのは50代手前。酒田西高を出た後、東京都内の専門学校で和装の技術を学んだ。帰郷後は実家の農家を継ぐため、農業研修にも参加。不慮の事故で体が不自由になった母親に代わり、子育てをしながら祖父母の介護も経験した。

 市内の運送会社の支店に勤務していた2009年、市議を6期務め、議長や自民党酒田支部長を歴任した父・与士男さんの後継として市議選に出馬。政治の道に進んだ。「後継者がいなくて、私にお鉢が回ってきた」と振り返る。その後は19年の県議選に転戦。酒田市・飽海郡区でトップ当選し、県議になった。1期目途中で転身し、国政に挑戦している。

 政治信条は「現場を大切にすること」。何か相談や要望があれば、すぐに駆け付けてきた。市議時代、東京都知事・小池百合子氏が設立した政治塾「希望の塾」に通った。「決断力と行動力が政治家には大切だと基本を学んだ」という。

 座右の銘は「温故知新」。「新しい情報やものは重要だけど、古いものも大切にしたい」。茶道は教授一歩手前までの腕前で、冬場はスキーも楽しむアクティブ派だ。コロナ禍で会えていない孫との無料通信アプリ「LINE(ライン)」でのやり取りも、楽しみの一つだと目を細めた。

■加藤鮎子候補(自前・42歳)地域の声つぶさに聞く

 自民党幹事長を務めた故・加藤紘一氏の三女。父が政治信条とした「地域に根差した保守」を自らの信念として受け継ぐ。「地方が元気にならないと、その集合体の日本全体も元気になるはずがない」。東京一極集中が進み、地方は人口減少問題に起因するさまざまな課題を抱える。国土交通政務官として、インフラ整備をはじめとする地方創生の必要性を訴える。

 2014年12月の衆院選で初当選し、17年10月に再選。19年9月から約1年間、環境政務官を務め、環境関連ベンチャー企業の育成、災害で農地に堆積した稲わらの処理支援などに当たった。「地域の人たちの声をつぶさに聞くからこそ貢献できる」と、つながりの大切さを実感している。党副幹事長も経験し、自分の思いと違う考えに対しては、臆することなく意見してきたと振り返る。

 2年前に次男が誕生。2人の子どもを育てる母親として、日々の触れ合いの中から新しい“気付き”が生まれている。政治家としての立場では、中長期的な展望に思いを巡らす。だが、家庭では…。幼い子どもが不意に食事をこぼす。とっさに対応し、子育ての大変さと楽しさをかみしめる。

 学生時代はストリートダンスに熱中した。指導者を地元に招いて出張レッスンを企画したこともある。子どもの頃はわんぱくだったといい、記憶に残る遊びといえば、ドッジボールやザリガニ釣り。テレビ番組は、ヒーローものがお気に入りだった。画面越しに憧れた「みんなのために頑張る姿」は、父の姿と重なって見えた。

(届け出順)

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]