山形中央、「逆」へ打ち返す意識徹底 秋季東北高校野球大会、きょう23日準々決勝

2021/10/23 09:47

[PR]
 第74回秋季東北地区高校野球大会は第3日の23日、宮城県の石巻市民球場と仙台市民球場で準々決勝4試合を行う。県勢は第3代表の山形中央が4強入りを懸けて青森山田(青森第1)と対戦する。

 山中央は初戦の2回戦で東北(宮城第2)を7―2で撃破。打線は13安打と当たっており、各自が狙い球をしっかりと振り切る積極的な打撃で好機をものにした。投手陣は安定感があり、制球力のある瀬野瞬介、力で押す武田陸玖の両左腕の継投で相手打線を寄せ付けなかった。

 山田は本県第2代表の鶴岡東にサヨナラ勝ちして勢いに乗る。エース堀内友輔を中心とした投手陣は走者を背負いながらも要所を締める粘り強さがあった。強打で勝ち上がった山中央としては体を開かず逆方向に打ち返す意識を徹底して臨みたい。小技や足も絡めて相手守備陣を揺さぶりたいところだ。接戦に強い相手だからこそ隙を見せないことが重要。投手陣も無駄な四死球を与えず、東北戦で見せた落ち着いた投球を心掛けたい。

 来春の選抜高校野球大会の出場校は今大会の成績を基に選考される。

高校野球

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]