野菜に朝露、陽光キラリ きょう23日は霜降

2021/10/23 09:16
西蔵王高原の畑ではカブの葉に朝露が付いていた=山形市

 23日は霜降(そうこう)。二十四節気の一つで朝晩の冷え込みが強まり霜が降りるころとされる。前日22日の県内は、気圧の谷の影響で最低気温が平年よりやや低かった。

 山形地方気象台によると各地の最低気温は酒田7.2度、新庄6.6度、尾花沢5.9度、米沢5.2度などで、平年より1~3度低かった。日中の最高気温は12~16度で平年より1~3度低かった。

 午前6時22分に最低気温5.5度を観測した山形市では時折青空が広がった。標高約600メートルの西蔵王高原にある農業斎藤輝幸さん(43)の畑では、カブの収穫が終盤を迎え、葉に付いた朝露が陽光を反射していた。斎藤さんは「収穫時は野菜が傷つかないように気を付けている。品質は例年通り良好」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]