ドラフト3位・菅井投手に指名あいさつ プロ野球・西武の担当者

2021/10/22 19:32
西武の辻発彦監督からの色紙を手に写真に納まる菅井信也投手(左)と水沢英樹スカウト=山形市・山本学園高

 プロ野球・西武の担当者が22日、ドラフト会議で育成3位指名した菅井信也投手(山本学園高)へのあいさつのため、山形市の同校を訪れた。菅井投手は会見で「スタートラインに立ったと感じた。球界を代表する選手になりたい」と目標を語った。

 北海道・東北地区スカウトで編成グループ育成・アマチュア担当の水沢英樹氏が訪問。菅井投手は辻発彦監督の色紙と、選手も着用しているというマスクを受け取り「キャンプがきついと聞いており楽しみと不安が両方ある。1年目は体をしっかりとつくり、1軍で投げ抜く準備をしたい」と意気込んだ。

 菅井投手は最速143キロの直球とスライダーが武器。水沢氏は「今春から注目していた。球質が良く、直球は角度がある」と語り、「(オリックスの)山本由伸投手のような、ここぞで三振を取れる投手になってほしい」と期待を口にした。仮契約は来月行われる予定。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]