庄内中心に強風、2人けが 最大瞬間風速、酒田で26.7メートル

2021/10/21 08:26
強風で民家屋根のトタンが剝がれた現場=20日午後2時6分、酒田市若宮町1丁目

 上空に流れ込んだ寒気の影響で大気の状態が不安定となり、20日の県内は庄内地方を中心に強い風雨に見舞われた。午後6時現在の最大瞬間風速は酒田26.7メートル(午前9時35分)、鶴岡20.3メートル(同11時43分)、鼠ケ関25.0メートル(同9時10分)、小国町25.3メートル(同7時39分)。鶴岡市では強風で転倒した高齢者2人が顔などに軽いけがをしたほか建物被害も相次ぎ、空の便や鉄道にも影響した。

 鶴岡市内では、市街地の路上で午前10~11時すぎにかけて、80代女性と70代男性がそれぞれ風にあおられ転倒し、顔に軽いけがをして救急搬送された。さらに、市中央児童館敷地内で倒木があったほか、トタン屋根の破損や屋根瓦の飛散などの被害が相次いだほか、選挙ポスターの掲示板が倒れるなどした。市防災安全課によると、午後5時までに建物被害7件、農業施設被害1件、倒木などその他6件の被害が確認された。

 20日午後1時20分ごろ、酒田市若宮町1丁目の住宅で、剥がれたトタン屋根が強風にあおられていると、住人から119番通報があった。酒田地区広域行政組合消防本部がトタンをロープで固定した。

空路と鉄路、ダイヤ乱れ

 全日本空輸の羽田発庄内行き395便(午前11時発)は、強風で着陸できず羽田空港に引き返した。これに伴い、折り返しの398便(午後1時発)も欠航。全日空庄内空港所によると計235人に影響した。

 JR羽越本線と米坂線は、新潟県境の強風のため運休や遅れが出た。乗客計約1040人に影響した。羽越本線はあつみ温泉―越後寒川(新潟県村上市)で運転を見合わせ、特急いなほ上下8本が運休し、2本が最大4時間12分遅れたほか、普通列車上下13本に影響した。米坂線は小国―越後下関(新潟県関川村)で運転を見合わせ、3本が最大2時間42分遅れた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]