新生アランマーレを強調 バレー女子・天童で練習公開、会見

2021/10/20 21:33
新シーズンに向けて練習に取り組むアランマーレの選手=天童市・県総合運動公園総合体育館

 バレーボールVリーグ女子2部の2021~22年シーズン開幕を前に、本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレは20日、天童市の県総合運動公園総合体育館で報道陣に全体練習を公開した。練習後の記者会見では、北原勉監督が「今季は“超攻撃型”。今までにない攻撃パターンを見せたい」と新生アランマーレを強調した。

 3位で終えた昨季は、リーグ最終戦に敗れて入れ替え戦に進めなかった。今季は攻撃が特長の原田栞里やオケケアル・メソマチ・ウゴチンイェレ(ともにアウトサイドヒッター)など6選手が新加入。15選手で臨む新シーズンへ、宮本菜月主将は「プレーを追求する意識で練習に取り組んできた。勇気や感動を与えるプレーがしたい」と意気込みを語った。

 従来の守備型から攻撃型へシフトチェンジを試みる。7季目の指揮を執る北原監督は「データを見れば、強いチームはやはりアタック決定数が違う。勝負どころの1点を取り切りたい」と狙いを強調。練習試合で手応えも感じており「守備練習が多少おろそかになっても、攻撃を重視してチームをつくってきた。あとは開幕を迎えるのみだ」と自信をのぞかせた。

 リーグ戦は30日に開幕。10チームが2回戦総当たりで争い、上位2チームが1部下位との入れ替え戦に臨む。アランマーレは同日、酒田市国体記念体育館で千葉と対戦する。

アランマーレ

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]