秋と冬、行き合う月山 初冠雪観測

2021/10/20 12:16
初冠雪が観測された月山=西川町・姥沢駐車場

 山形地方気象台は19日、月山(1984メートル)の初冠雪を観測したと発表した。西川町の月山スキー場近くの姥沢駐車場では、ブナの紅葉と山肌の白の対比が楽しめ、観光客が秋冬の景色をカメラに収めていた。

 初冠雪は平年より1日、昨年より6日早い。19日朝、同気象台の職員が目視で山頂付近の雪を確認した。紅葉を見に同駐車場を訪れた広島県呉市、無職川上政美さん(65)は「雪があるとは思わなかった。天気が良くてラッキーだ」と笑顔で話していた。

 17日で今季の月山ペアリフト運行を終了した月山観光開発(同町)によると、同駐車場周辺では今月末ごろまで紅葉と冠雪のコントラストが楽しめるという。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]