モンテ、練習を一般公開 7カ月ぶり、ミニゲームも

2021/10/19 21:01
1対1のシュート練習に臨むMF中原輝(中央)=天童市・県総合運動公園

 サッカーJ2・モンテディオ山形は19日、天童市の県総合運動公園で7カ月ぶりに練習を一般公開した。

 フィジカル強化を目的とした1対1のシュート練習などに取り組み、5対5のミニゲームを行った。この日は抽選で当たった約30人がトレーニングを見守った。

 次節は23日午後2時からホームで群馬と対戦する。

クラモフスキー監督、ケーキでお祝い

通訳の遠藤洋さん(右)と笑顔を見せるピーター・クラモフスキー監督=天童市・県総合運動公園

 16日に43歳の誕生日を迎えたピーター・クラモフスキー監督に練習後、報道陣からケーキとワインが贈られた。抱負を求められると、「日々成長していければ良いと思う。それは何も変わりません」と笑顔で答えた。

 ケーキは自身の写真を基に作られた特製。普段はあまり食べないらしいが、「本当においしそう。イチゴが付いていて健康的だ」と喜び、記念撮影に応じた。当日は1-0で勝利した相模原戦で「本当に素晴らしい、みんなで分かち合えるプレゼントだった。私にとっても素晴らしい勝ち点3」。2連勝で花を添えた選手たちをたたえた。

 この日は就任後初となるファンを迎えたトレーニングに。「彼らはチームの大事な一員。もっともっとこういった機会が増えれば」と願った。

MF加藤が復帰「成長し続ける」

 右脚を痛めて戦列を離れていたMF加藤大樹が、前節を控えた全体トレーニングから合流。「実戦を通じてなじんでいきたい」と語った。

 「重要でかつハードな日程」という9月の水戸戦で負傷し、「チームの力になれずにもどかしく、悔しかった」と当時を振り返った。状態はまだ戻っていないが、終盤戦に向けて「成長し続けるということに変わりはない。それはチームも個人も一緒」と気合を入れた。

モンテディオ山形

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]