あす公示、前新7人出馬へ 衆院選・県小選挙区

2021/10/18 08:12

[PR]
 第49回衆院選は19日公示される。県内3小選挙区は17日現在、前新の計7人が立候補を予定。14日の衆院解散以降、事実上の選挙戦に突入しており、県1、2区は前新による与野党対決、県3区は三つどもえの形となっている。

 県1区は遠藤利明(71)=自前、山形市=と原田和広(まさひろ)(48)=立民新、同=の2氏が予定。9選を目指す遠藤氏は国政や党での実績を訴える運動を描く。野党統一候補の原田氏は政権批判を強めて非自民勢力の結集を狙う。両氏の対決は2014年以来2度目。

 県2区は4選を期す鈴木憲和氏(39)=自前、南陽市=と加藤健一氏(40)=国民新、同=による一騎打ちが確実視される。1996年の小選挙区制実施以降、最大の票田・米沢市から初めて立候補者が出ない見通しで、同市での攻防も鍵を握る。

 県3区は3期目を視野に入れる加藤鮎子氏(42)=自前、鶴岡市=に、梅木威(たけし)(62)=共新、同=と阿部ひとみ(60)=無新、酒田市=の両氏が挑む構図。県内で唯一、野党共闘が不透明な選挙区で、政権批判の風向きや浮動票の行方などが焦点になりそうだ。

県内小選挙区の立候補予定者(敬称略)

【県1区】

遠藤利明(71) 党選対委長 自民 前

原田和広(48) 政党役員 立民 新

【県2区】

鈴木憲和(39) 政党役員 自民 前

加藤健一(40) 団体役員 国民 新

【県3区】

加藤鮎子(42) 政党役員 自民 前

梅木威(62) 政党役員 共産 新

阿部ひとみ(60) 無職 無所属 新

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]