出発進行!鉄道模型の運転体験 山形・はらっぱ館

2021/10/17 19:54
子どもたちが鉄道模型の運転体験などを楽しんだ=山形市・蔵王みはらしの丘ミュージアムパークはらっぱ館

 鉄道友の会山形支部(二宮敬彦支部長)の鉄道模型一般公開運転例会が17日、山形市の蔵王みはらしの丘ミュージアムパークはらっぱ館で開かれ、多くの家族連れが鉄道模型の運転体験などを楽しんだ。

 会場には、支部員が持ち寄った縮尺80分の1のHOゲージと同150分の1のNゲージを用意。山形新幹線つばさや足湯付きリゾート列車とれいゆつばさ、県民にもなじみが深く、引退した寝台特急「あけぼの」などが走行する様子を披露した。運転士用の時刻表などの展示物も並んだ。

 目の前を駆け抜ける鉄道模型に大喜びの子どもたち。希望者は模型の運転も体験し、駅での停止などに集中した表情を見せていた。神町幼稚園年長の富樫颯人(はやと)君(6)は「街を通過していくのが楽しかった。とれいゆが特に好き」と満足そうだった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]