美味と御利益、届けます 古窯と出羽三山神社、おせち・御朱印セット販売

2021/9/28 11:23
日本の宿古窯と出羽三山神社が販売する「古窯・出羽三山神社開運プレミアムおせち三段重」

 日本の宿古窯(上山市、佐藤洋詩恵社長)は、鶴岡市の出羽三山神社と連携し「古窯・出羽三山神社開運プレミアムおせち三段重」を販売する。12月31日に古窯特製のおせちが、同神社の「丑歳御縁年(うしどしごえんねん)記念御朱印」とともに届く。限定500セットで、予約を受け付けている。

 出羽三山の一つ・湯殿山が丑年の開山だったことから、丑年が三山の御縁年とされ、その年に参詣すると12年分の御利益があると伝えられている。丑歳御縁年記念御朱印は、丑年の丑の日にのみ頒布される特別なもの。コロナ禍で出羽三山を訪れることができない人のため、親交の深い古窯と同神社が企画した。

 おせちは三段重で全28品。伊勢エビや伊達巻き、黒豆、数の子といった定番の品に加え、山形牛香味焼き、芋煮、玉こんにゃく田舎煮などの山形独自の料理もふんだんに取り入れ、郷土食も大切にしている。同封される御朱印には丑の日でもある大みそかの日付が入る。御神体の一部が使用されているため、出羽三山の神様が宿っているという。

 予約は12月24日までで、限定数に達し次第終了する。価格は3万1500円(送料込み)。古窯の公式オンラインショップで申し込む。問い合わせは古窯(0570)005454。

【関連リンク】

古窯の公式オンラインショップ

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]