森林感じリフレッシュ 上山で健康増進ツアー

2021/9/28 10:21
森林を散策する参加者=上山市・蔵王高原坊平

 森林体験を通じて生活習慣病予防やメンタルヘルスの改善につなげる健康増進モニターツアーが27日、上山市の蔵王高原坊平で始まった。1泊2日の日程で、初日参加者は森の中を散策する「森林浴ウォーキング」や、たき火を囲んだ語らいを楽しみ、心身をリフレッシュした。

 昨年7月、林野庁の「森林サービス産業」モデル地域に東北で唯一、選出されたことを機に同市は蔵王高原坊平エリアを中心に県内外企業などの健康経営を支援する誘客促進事業を展開している。ツアーは昨年度に続く開催で、県内企業9社から10人が参加した。

 「森林浴ウォーキング」ではトレーニング施設「ZAOたいらぐら」近くから森の中に分け入った。地元のガイド2人が先導し、自生している木々の特徴や地形の歴史などを随時紹介しながら約2キロを歩いた。

 市街地と比べ、高原は秋の気配が進み、静かで落ち着いた雰囲気に包まれていた。参加者は軟らかい土を踏みしめながら「気持ちがすっきりする」と晴れ晴れとした表情を見せていた。

 最終日の28日は蜜ろうキャンドル作りなどを行う。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]