全国切符、試験管の中に 「科学の甲子園ジュニア」県予選会

2021/9/27 09:55
実験を通じて物質の特定に挑戦する生徒たち=山形市・山形大

 中学生による「科学の甲子園ジュニア全国大会」の県予選会が26日、山形市の山形大小白川キャンパスで開かれ、3校5チームが実験などの実技で成績を競った。結果は10月1日までに各校に通知し、優勝チームは12月に兵庫県で開かれる全国大会に出場する。

 1次予選には5校9チーム(1チーム6人編成)が参加し、筆記試験を通過した新庄、東桜学館、山形大付属の各中学校からの計5チームが2次予選に臨んだ。チームは名前を伏せた物質を特定する実験系、耐久性の高い構造物の製作に挑戦する総合系の二つに分かれて課題に取り組んだ。

 実験では事前にそれぞれの物質について試薬を使って特徴を把握し、本番でその経験を生かして物質の特定に取り組んだ。生徒たちは試験管を片手に相談し合いながら、科学的知見に基づいて分析していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]