モンテに勢い、4得点 愛媛戦大勝、9試合ぶり無失点 

2021/9/26 10:29
〈愛媛―山形〉前半18分、7試合ぶりの先制点を奪った山形のFW山田康太(右から2人目)ら=松山市・ニンジニアスタジアム

 サッカーJ2は第31節第1日の25日、各地で7試合が行われた。モンテディオ山形は松山市のニンジニアスタジアムで愛媛と対戦し、4―0で勝利した。連敗は2でストップ。通算成績は15勝7分け9敗とし、順位は7位に上がった。

 山形はDF半田陸が先発に復帰。前半18分、FWビニシウス・アラウージョのポストプレーからFW山田康太が左足でシュートを決め、1―0で折り返した。後半7分、山田康の2点目で勢いに乗ると同14分、18分にアラウージョが立て続けに得点し、9試合ぶりの完封勝ちを収めた。

 このほか、首位の京都は栃木に2―0で快勝し、3連勝で勝ち点67とした。2位の磐田は琉球を2―0で下して1差をキープ。3位の新潟は甲府に1―0で競り勝ち、長崎は山口を下した。

 山形は次節の10月2日、甲府市のJITリサイクルインクスタジアムで甲府と戦う。

 【評】山形は今季最多タイの4得点で大勝した。前半18分のFW山田康の得点が、7試合ぶりの先制点になった。後半は後方からのビルドアップ(組み立て)が機能。サイドを起点に相手の背後に走り込み、山田康とFWアラウージョのゴールにつなげた。GKビクトルを軸にした守備陣は、9試合ぶりに無失点に抑えた。

守備強く、運動量も良かった

 ピーター・クラモフスキー監督の話 ボールをうまく動かし、多くのチャンスをつくった。練習してきた形で、いい飛び出しがゴールにもつながった。守備は強く、運動量も良かった。(守備は前節から)何も変えたことはない。選手が決まりを守り、やり切ってくれた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]