ロボット製作の技術競う 酒田で高校生コンテスト

2021/9/25 22:25
高校生がロボットの製作や操作の技術を競ったメカトロメディアコンテスト=酒田市・酒田光陵高

 県内の高校生がロボットの製作や操作技術を競う、「メカトロアイディアコンテスト」が25日、酒田市の酒田光陵高で開かれた。県産業教育フェア工業専門部イベントで全国高校ロボット競技大会の県予選会を兼ねており、優勝した寒河江工業高チーム「crc-極」が全国切符を手にした。

 工業高校など10校から12チームが出場。制限時間3分でコース内に配置されたペットボトルやゴルフボール、塩化ビニール管をどれだけ運べるかなどを競った。生徒たちは繊細な操作に苦労しつつも、声を掛け合い高得点を狙った。

 優勝した「crc-極」は、創意工夫と技術に優れたチームに贈られるメカトロアイディア大賞も受賞した。他の結果は次の通り。

 (2)山形明正「明正の特異点」(3)酒田光陵「くろまつくん」

 ▽アイディア賞=村山産業「翔んで咲いたマッポイ」

 ▽ハイテク賞=米沢工業「M.R.K.S」

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]