酒田南と鶴岡東が決勝へ 秋季東北地区高校野球県大会

2021/9/25 18:38
〈鶴岡東―山形中央〉6回表鶴東2死二、三塁、4番前田夢翔の適時打で二走土屋奏人がホームインし10―1とする=鶴岡市小真木原野球場

 第74回秋季東北地区高校野球県大会は第4日の25日、鶴岡市小真木原野球場で準決勝2試合を行い、酒田南と鶴岡東が決勝に駒を進めた。両校は来月20日に宮城県で開かれる東北大会の出場権を手にした。

 酒南は二回に1番桐花幸甫、2番黒川琉唯の連続適時打などで5点を先制して主導権を握った。中盤で3点差に詰め寄られたが、七回途中から登板した田村朋輝が日大山形の反撃を断ち切り、8-4で振り切った。鶴東は山形中央に先制を許したが、四回に7番小林昇一郎の2点適時二塁打で逆転。その後も打線がかみ合い、六回には6番高橋快が左越え本塁打を放つなど5点を奪い、10-1でコールド勝ちした。東北大会出場は酒南が3年ぶり16度目、鶴東は3年連続13度目。

 大会最終日の26日は同球場で最後の東北大会出場権を懸けた日大-山中央の3位決定戦と、酒南-鶴東の決勝が行われる。

高校野球

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]