コロナ下の経営実践学ぶ 鶴岡で来月から塾、参加募る

2021/9/25 14:09

[PR]
 庄内地域産業振興センターと県よろず支援拠点は10月12日~12月21日、鶴岡市のマリカ東館にある同センターで計6回にわたり「よろず経営実践塾」を開く。同拠点コーディネーターが講師を務め、新型コロナウイルス下で新たなビジネス構築や新規顧客獲得、販路開拓に取り組む事業者をサポート。個別相談の時間も設ける。参加無料で定員は各回10人。参加者を募集している。

 中小企業・小規模事業者が対象。日程と内容は▽10月12日=経営計画作成の基本・前編▽同26日=同・後編▽11月9日=コロナ禍による経営改善・事業再生▽同16日=店の価値が伝わる販促チラシ作成のコツ▽12月7日=スマホ時代に大切なSNS集客のキホン▽同21日=インスタグラムのビジネス徹底活用。時間は全て午後1時半~2時40分。

 各回とも塾の前後の時間帯に、1回当たり45分ずつの個別相談を受け付ける。参加希望者は同センターのウェブサイト専用フォームを使うか、申込書に記入し同センターにファクスで送る。問い合わせは同センター0235(23)2200。ファクスは0235(23)3615。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]