天然アユの塩焼き、香ばしく 大江で「まつり」

2021/9/23 21:23
香ばしいアユの塩焼きが販売された=大江町・テルメ柏陵健康温泉館駐車場

 新鮮な天然アユの塩焼きを販売する「鮎まつり」が23日、大江町のテルメ柏陵健康温泉館駐車場で開かれ、訪れた人が旬の味を買い求めた。

 大江ふるさと観光(後藤芳英社長)が30年ほど前から開催。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止としたが、今年はテークアウトのみの販売で実施した。この日は近くのやな場で取れた約200匹を用意。串に刺して炭火でじっくり焼き上げると、周囲には食欲をそそる香ばしい匂いが漂った。

 まつりは来月10日まで毎週土日曜日に開く。同社の鴨田徳康専務は「最上川本流のアユは一回り大きい。多くの人に食べてもらいたい」と、アユの身と同様にホクホクの笑顔。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]