霜降り肉!?いえ、花です 東根・ブラジル原産「アリストロキア・ギガンテア」

2021/9/21 10:43
結城豊太郎さん(下)が栽培するブラジル原産の花

 東根市神町北1丁目、結城豊太郎さん(84)方で、ブラジル原産の「アリストロキア・ギガンテア」が霜降り肉のような模様の大きな花を咲かせ、近所の話題になっている。

 結城さんは20年前に鉢植えを購入し、玄関前の棚につるをはわせて栽培を続けている。ブラジル原産で寒さに弱いため、冬場は室内に移動させて越冬させてきた。幅15センチ、長さ25センチほどの花が年間3、4回咲くといい、今回はこれまでで最も多い15個ほどが開花している。

 訪れた人は、どこかグロテスクな花を見て「これは何という花?」と興味津々だという。結城さんは「花を見るのが毎年の楽しみ。しっかり世話をしたい」とにっこり。鉢植えは11月上旬には室内に取り込む予定という。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]