厳かに秋を彩る神輿 寒河江・神輿ウオッチング

2021/9/19 18:10
厳かに立ち並ぶ神輿を見る来場者=寒河江市・神輿会館前広場

 寒河江神輿(みこし)ウオッチングが19日、寒河江市の神輿会館前広場(JR寒河江駅前)で開かれた。新型コロナウイルス感染症の影響で、同市の秋を彩る寒河江まつりの「神輿の祭典」が2年連続で中止となった中、訪れた多くの家族連れが厳かに立ち並ぶ神輿を見ながら同祭典に思いをはせた。

 広場には金色の装飾などが施された神輿10基以上が並び、来場者が精巧な作りに見入っていた。家族で訪れた同市寒河江小5年松田倖(さち)さん(11)と1年栞(しおり)さん(7)の姉妹は「毎年来ている祭りが中止で悲しいけど、神輿を見るだけで活気を思い出して楽しい」「来年は神輿を担いでいる姿を目の前で見たいな」と話していた。

 神輿の祭典の代替として、寒河江四季のまつり実行委員会(佐藤正樹会長)と寒河江神輿会(秋場徳俊会長)が主催した。秋場会長は「各団体の士気を高め、第40回という節目を迎える来年の祭典につなげる。次回こそ何としても開催したい」と語った。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]