芋煮会、どうか少人数で 県が河川敷に看板

2021/9/18 10:07
芋煮会を少人数、短時間で実施するよう呼び掛ける看板が立てられた=山形市・馬見ケ崎川河川敷

 芋煮会での新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため県は17日、4人以内の少人数、短時間での芋煮会開催を呼び掛ける立て看板を県内の河川敷やダム周辺の広場など計59カ所に設置した。

 看板はA3判サイズで、マスクを着けて鍋を囲む男女4人のイラストと、「普段一緒にいる人と4人以内(同居家族は除く)、短時間で」「会話の際は不織布マスクの着用を」とのメッセージを載せた。

 毎年多くの人が芋煮会を楽しむ山形市の馬見ケ崎プール「ジャバ」付近の河川敷には、駐車場やベンチ付近の3カ所に掲示した。11月上旬まで設置する。

 県防災危機管理課の柴崎渉課長は「感染拡大防止特別集中期間は明けたが、再拡大も考えられる。芋煮会を開催する場合は、感染対策を徹底してほしい」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]