20チームの熱戦、きょう18日開幕 秋季東北高校野球県大会

2021/9/18 07:20

 第74回秋季東北地区高校野球県大会は18日、鶴岡市小真木原野球場と中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)で開幕する。県内4地区の予選を勝ち抜いた19チームと今夏の甲子園出場校の日大山形が出場。上位3校が東北大会(10月・青森県)の出場権を得る。

 上位争いは混戦。大会連覇を狙う日大山形、1、2年生主体で今春の県大会を制した酒田南、投打の柱が健在の羽黒、選手層の厚い鶴岡東が軸になりそうだ。昨秋の1年生育成強化試合で頂点に立った米沢中央、準優勝の山形学院も上位をうかがい、山形城北も力がある。

 新型コロナウイルスの感染防止のため開会式は行わず、観戦は部員などの学校関係者に限定する。18日は1回戦4試合と2回戦2試合を行う。19日は2回戦6試合、21日は準々決勝4試合を実施。25日の準決勝2試合、26日の決勝と3位決定戦は小真木原野球場が会場となる。

高校野球

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]