気持ち新たに、職務にまい進 新庄署新庁舎落成式 

2021/9/16 20:38
謝辞を述べる板垣敦士署長=新庄市・新庄署

 新庄警察署(板垣敦士署長)の新庁舎落成式が16日、新庄市松本の同署で行われ、関係者44人が最上地域の治安維持に向けて新たな拠点の完成を祝った。

 式典では佐藤正顕県警本部長が「災害に対応できる発電設備などを備えた新庁舎で、これまで以上に住民との連携を強化し、県民の期待に応えられるよう努力していく」と式辞。北村正敏県公安委員長や来賓の吉村美栄子知事、坂本貴美雄県議会議長、渡部秀勝最上広域市町村圏事務組合副理事長(戸沢村長)があいさつした。

 板垣署長は「県民への感謝を忘れず署員一同、職務にまい進し、明るく親切、丁寧で頼りがいのある警察運営を推進していく」と謝辞を述べた。引き続き出席者が各課のほか、県警施設初の木質バイオマスボイラーや冷暖房を完備した道場などを見学した。

 新庁舎は鉄筋コンクリート4階建てで、旧庁舎が築52年と老朽化したことに伴い、東北中央自動車道新庄インターチェンジ近くに新築した。8月21日から業務を開始している。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]