大きな実、鮮やか 戸沢でパプリカ収穫最盛期

2021/9/15 21:37
収穫の最盛期を迎えている、鮮やかに色づいたパプリカ=戸沢村津谷

 戸沢村でパプリカの収穫が最盛期を迎えている。特産品にしようと盛んに栽培されており、生産者のビニールハウスでは大きな実が鮮やかな赤や黄、オレンジに色付いている。

 村パプリカ栽培研究会(松坂雄一会長)が2007年に発足し、現在は7農家が所属している。その一人、津谷の斉藤輝仁さん(52)は6棟のビニールハウスで約1800株を育てている。

 大きいものは外径約10センチ、重さは約300グラムにもなり、海外産と比べて肉が厚く、深い味わいがある。夏場の猛暑などに適切に対応したことから全体的に順調に育ったという。「サラダやピクルスとして食べたり、炒めてもおいしい」と斉藤さん。10月下旬まで収穫し、昨年と同じ計約4トンを県内と関東に出荷する見込み。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]