宝石の輝き、錦鯉 長井で沼揚げ

2021/9/14 09:24
2年物で30~40センチに育った色とりどりの錦鯉=長井市

 錦鯉(にしきごい)生産販売や観賞池の設計・施工を手掛ける長井市草岡の塩田養鯉場(ようりじょう)(塩田勝敏代表)は13日、市内の養殖池で錦鯉約2千匹の沼揚げ作業を行った。紅や白、黒、黄金など宝石のように輝く魚たちが次々とすくい上げられた。

 山あいに設けられた養殖池は、鳥の食害防止のため水上にテグスが張り巡らされている。山形の厳しい冬を越えたコイは丈夫で、全国的な評価は高いという。19日に開催する展示即売会に向け、池の一つから体長30~40センチに育った2年物を引き上げ、トラックで同養鯉場内の池に運んだ。品種「紅白」「大正三色」などが人気で、当日は1匹2千~5千円で販売する。

 作業は塩田代表(69)と秀子さん(69)、敏弘さん(38)の親子3人で実施。網を使い岸辺に集めた魚たちを袋に入れようとすると、盛んに水しぶきが上がった。塩田代表は「お盆すぎに好天ならもっと良かったが、まずまずの出来だ」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]