20チーム、組み合わせ決定 第74回秋季高校野球県大会

2021/9/14 08:09

 第74回秋季東北地区高校野球県大会の出場20チームが出そろい、県高校野球連盟は13日、対戦カードを公表した。大会は18日に開幕し、鶴岡市小真木原野球場と中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(県野球場)で熱戦を展開。今夏の全国高校野球選手権山形大会を制した日大山形は初戦の2回戦で寒河江と対戦する。

 県内4地区の予選を勝ち抜いた19チーム(村山9、置賜4、庄内4、最北2)と予選免除の日大が出場。Aブロックは連覇を狙う日大に各チームが挑む構図。Bブロックは今春の覇者・酒田南、今夏に準優勝した東海大山形、投打の柱が健在の羽黒、昨秋の1年生育成強化試合で頂点に立った米沢中央がしのぎを削る。同試合で準優勝の山形学院、今夏に4強入りした鶴岡東はCブロックとなった。力のある山形城北や山形中央はDブロックに入った。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、対戦カードは予選を勝ち上がったチームから順にオンライン形式の抽選で決めた。開会式は行わない。決勝は小真木原野球場で26日に予定。上位3チームは10月7日から青森県で開かれる東北大会の出場権を得る。入場制限などについては検討中。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]